忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/07/27 09:44 |
クトゥルフ神話TRPG 神崎ハウスルールその1
所持しているのは基本ルールブックのみです。
「神崎が卓を回すときはこんな感じでやります」って指針になりますが
セッション中ご相談いただければいろいろ柔軟な対応をしたいと思います。

◆技能が使えない場合
一部の技能には、使用するのに何かしら道具が必要なものもあります。
鍵開けなどが代表的です。

◆SANチェックの値を補正する場合
人が死んだ。怪物を見た。恐ろしい想像をしてしまった。
様々な事でSANチェックは行われます。
基本的には元シナリオに則った値でのSANチェックを行います。
SAN値の減少は「恐ろしさに気がふれてしまう」以外にも
「非日常的な状況にのめりこんでしまう」という場合があると思っています。
よっぽどの事ではない場合、SANチェックに補正は加えない予定です。
そのキャラがどのくらい正気を失ったかはダイスの判断に任せます。
☆ハウスルール
以下の場合、SANチェックの値に補正を加えることがあります。
・SANチェックの原因になったものが、その探索者にとって殆ど日常的である場合
 ただしその状況が突然だったり、少しでも異常な状況が混じっている場合は
 通常のSANチェックを行います。
☆一定の期間中(1セッション中等)何度も同じクリーチャーを見た場合など、
 ルール上SANチェックが軽減される場合もあります。

◆精神分析
一時的狂気・不定の狂気を1日の間抑える事ができる。
最高で1時間かかる。
普段の生活中、SAN(POW×5)を上限として
精神分析でのSAN値回復も可能なようです。(ルルブP89右下~)
・ハウスルール
 ルルブにSAN値回復についての記述が見当たらないので
 発狂中以外はSAN値の回復をしないこととします。
 発狂中は精神分析成功で1D3のSANを回復してもよい事とします。
 「物理的な精神分析」はやむを得ない場合以外は許可しません。
 (ノックアウト攻撃等で代用すると思います。)

◆SAN値(正気度)とSAN
SAN値はルルブ上では「正気度」という名称です。
ルルブP86にSANと正気度の話がありますが、
大体「SAN」も「SAN値」も正気度の事を指す人が多いです。
精神分析以外では、SAN値をSAN(POW×5)よりも大きくすることが可能です。
(シナリオ報酬や、技能が90を超えた時のSAN値増加がそれに含まれます。)
(精神分析や療養でのSAN値回復の上限はPOW×5まで)

◆シナリオクリアの報酬
継続探索者(SAN値等状態の持ち越し)の方は希望があれば
そのセッション中最も活躍した技能の成長ロールを行います。
(ルルブP59)

◆キャラ作成時とか技能値
技能値が成長して90以上になると
SAN値が2D6増えるので89以下にした方がよいでしょう。(ルルブP88右下~)
技能は成功すれば嬉しいものですが、時には失敗して
窮地に陥るのもセッションの醍醐味です。多分。

◆戦闘
勉強中です。

拍手[0回]

PR

2016/03/03 23:09 | Comments(0) | 企画

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<東京に行ってきました。 | HOME | 拍手ありがとうございます!>>
忍者ブログ[PR]