忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/23 04:27 |
ダブルクロス3rdセッション「World end juvenile(ワールドエンドジュブナイル)」
GM:神崎
配布経験点:なし
自分の持っている経験点を30点まで使用してOK
(経験点の合計が160点までとなります)

◆セッション予定日
4月中に2回
土昼・土夜・日昼(2日のうちどちらかは夜)
昼:13時~
夜:21時~

◆参加者
・神崎(GM)
・星の夢さん
・蒼夜さん
・兎龍さん
・アキトさん
・瑠璃さん
・帝夢さん
・柑那さん
・いにみさん
・このみさん

◆トレーラー
オーヴァードとして生まれた少年少女たち。
特別な力を持ちながらも、
名前を与えられることなく、
見ず知らずの者たちの平穏の為に戦う。
 
彼らは、自由を選んだ。
ゲームを遊び、スポーツに興じ、コーラを飲む。
そんな、ごく普通の若者たちの自由を。
 
だが、気づいてしまった。
自分たちは、いつまでもバケモノだということに。
これは、世界の終焉を望む少年少女たちの物語。
 
ダブルクロス 3rd Edition「World End Juvenile」
ダブルクロス──それは裏切りを意味する言葉。


◆ハンドアウト

PC1★
ロイス:白銀明日香(しろがね あすか) 推奨感情:庇護/不快感
カヴァー:高校生/ワークス:指定なし(UGNイリーガル)
UGN日本支部のイリーガルとして任務で送り込まれたのは、
オーヴァード能力を持つ少年少女たちの集団、”リベレーターズ”という組織だった。
自由を謳歌する彼らの中で、君は潜入中に
消息を絶ったという日本支部のUGNチルドレン、白銀明日香に出会った。
潜入任務をするため、舞台の支部ではあまり顔を知られていない設定となります。
PC2★★
ロイス:”ライトニングボルト”桐生嚆矢(きりゅう こうや) 推奨感情:友情/不安
カヴァー:高校生/ワークス:UGNチルドレン
”彼”とは、チルドレン教育施設”ホーム”で出会った。
ただコードネームで呼ばれる日々の中、キミは彼に”嚆矢”という名を付けた。
その嚆矢が2年前、〇市で死亡したらしい。キミはまだその死を信じていない。
〇市支部に派遣されてから、その足取りを追っている。
桐生嚆矢とは、お互いの名前を付けあった仲です。
舞台の支部には数週間前に派遣されました。
PC3
ロイス:与儀大介(よぎ だいすけ) 推奨感情:有為/不信感
カヴァー:指定なし/ワークス:UGN支部長(エージェントでも可)
与儀大介は、これまで多くの優秀なチルドレンを輩出してきたUGNの教官である。
チルドレン失踪が続く中、彼は霧谷とともに君の支部に乗り込んできた。
こんな事態の中でも、彼はチルドレンのケアにしか興味はない。
君は、与儀の態度に不審なものを感じるのだった。
舞台はPC3の所属する支部となります。支部ではチルドレンの失踪が相次いでいます。
ワークスをエージェントにした場合、舞台は楓市支部になる予定です。
PC4
ロイス:コードウェル博士 推奨感情:尊敬/脅威
カヴァー:指定なし/ワークス:UGNエージェント
君は、霧谷雄吾から緊急に呼び出された。
〇市でコードウェル博士の活動が確認されたらしい。
UGN創設者にしてオーヴァード研究の第一人者……だが、現在はファルスハーツに
荷担しているという博士が活動しているとなれば、座視しているわけにはいかない。
舞台の支部所属でも、他の支部所属でも可です。
PC5
ロイス:リベレーター 推奨感情:執着/敵愾心
カヴァー・ワークス指定なし
現在、〇市ではオーヴァードの少年少女たちで構成される
リベレーターと呼ばれる一団がいる。自由に生きるという彼らの考え方に、
キミは強い興味を抱いた。早速、彼らのアジトがあるという
再開発の放棄によってゴーストタウンと化した一角に足を踏み入れた。
UGNに協力している(もしくはメンバー)設定となります。立場は自由です。


拍手[0回]

PR

2018/03/07 21:23 | Comments(0) | その他・複合
クトゥルフ神話TRPG 神崎ハウスルール
神崎卓のハウスルール

■ダイスについて
・ダイスのクリティカル、ファンブルはCCBで判定する。
ただし、技能値が5以下の技能についてはクリティカル:1で判定し、
技能値が1の場合はクリティカルを適用しない。
全ての成功値は90を上限とする。

■成長ロールについて
成長があるシナリオの場合、シナリオ終了後に
・スペシャル、クリティカルを出した技能
・技能値50以下で成功した技能
・大事な所で成功した技能(KP判断)
に対して行う。
一つの技能に対しては一回まで行える。
どれも無い場合は、成功した技能のうち1つ選んで行う。

成長したい技能のロールを行い、
成功は0、失敗は1D10ロールで
出た数値をキャラシートの「成長分」に加える。
ファンブルは考慮しない。
(※プレイ時間÷2端数切り上げ)個まで等の制限をする場合もあり。)

■突然の死防止の特別措置
10か最大HPのいずれか低い方以上のダメージを受け、
HPが0以下になる場合、自動的にHPを1にする。(1回のみ)

拍手[0回]


2017/04/08 14:56 | Comments(0) | 企画
お悩み相談室
※入ったら相談されるタイプのやつ

Q.注意力を上げる方法と、人の話を聞いて覚える方法を覚えたいのですが、いい方法はありますか?

A.私も知りたいです

最近そんな感じで悩んでおりました。
睡眠をたっぷりとれば、少しはよくなるのでしょうか。謎です。

拍手[0回]


2016/05/25 12:51 | Comments(0) | その他・複合
東京に行ってきました。
20~22日の三日かけて東京で遊んできました!
20日はコスプレスタジオに行って撮影でした。
人様のキャラのコスをさせていただきまして、いろんな写真を撮ってエンジョイしてきました。
キャラが三次元に来たー!って感じで終始興奮しておりました…
次回機会があったらもっとキャラのらしい表情とかポーズとかできたらいいな…

あとの二日はカラオケで歌ったり絵を描いたり、濃い休日でした。
いただきものがたくさんだ~

今日はお仕事!生きて帰ります。

拍手[0回]


2016/05/23 12:29 | Comments(0) | その他・複合
クトゥルフ神話TRPG 神崎ハウスルールその1
所持しているのは基本ルールブックのみです。
「神崎が卓を回すときはこんな感じでやります」って指針になりますが
セッション中ご相談いただければいろいろ柔軟な対応をしたいと思います。

◆技能が使えない場合
一部の技能には、使用するのに何かしら道具が必要なものもあります。
鍵開けなどが代表的です。

◆SANチェックの値を補正する場合
人が死んだ。怪物を見た。恐ろしい想像をしてしまった。
様々な事でSANチェックは行われます。
基本的には元シナリオに則った値でのSANチェックを行います。
SAN値の減少は「恐ろしさに気がふれてしまう」以外にも
「非日常的な状況にのめりこんでしまう」という場合があると思っています。
よっぽどの事ではない場合、SANチェックに補正は加えない予定です。
そのキャラがどのくらい正気を失ったかはダイスの判断に任せます。
☆ハウスルール
以下の場合、SANチェックの値に補正を加えることがあります。
・SANチェックの原因になったものが、その探索者にとって殆ど日常的である場合
 ただしその状況が突然だったり、少しでも異常な状況が混じっている場合は
 通常のSANチェックを行います。
☆一定の期間中(1セッション中等)何度も同じクリーチャーを見た場合など、
 ルール上SANチェックが軽減される場合もあります。

◆精神分析
一時的狂気・不定の狂気を1日の間抑える事ができる。
最高で1時間かかる。
普段の生活中、SAN(POW×5)を上限として
精神分析でのSAN値回復も可能なようです。(ルルブP89右下~)
・ハウスルール
 ルルブにSAN値回復についての記述が見当たらないので
 発狂中以外はSAN値の回復をしないこととします。
 発狂中は精神分析成功で1D3のSANを回復してもよい事とします。
 「物理的な精神分析」はやむを得ない場合以外は許可しません。
 (ノックアウト攻撃等で代用すると思います。)

◆SAN値(正気度)とSAN
SAN値はルルブ上では「正気度」という名称です。
ルルブP86にSANと正気度の話がありますが、
大体「SAN」も「SAN値」も正気度の事を指す人が多いです。
精神分析以外では、SAN値をSAN(POW×5)よりも大きくすることが可能です。
(シナリオ報酬や、技能が90を超えた時のSAN値増加がそれに含まれます。)
(精神分析や療養でのSAN値回復の上限はPOW×5まで)

◆シナリオクリアの報酬
継続探索者(SAN値等状態の持ち越し)の方は希望があれば
そのセッション中最も活躍した技能の成長ロールを行います。
(ルルブP59)

◆キャラ作成時とか技能値
技能値が成長して90以上になると
SAN値が2D6増えるので89以下にした方がよいでしょう。(ルルブP88右下~)
技能は成功すれば嬉しいものですが、時には失敗して
窮地に陥るのもセッションの醍醐味です。多分。

◆戦闘
勉強中です。

拍手[0回]


2016/03/03 23:09 | Comments(0) | 企画

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]